雇用保険と失業保険は何が違うの?

スポンサーリンク
knoki_728

結論から言えば、「雇用保険」と「失業保険」は、同じ意味合いです。

一般的には、失業保険という言い方の方が通じやすいかもしれません。
その名の通り、失業した場合の保険だとすぐにわかります。

昭和22年に「失業保険法」が制定され、それに基づく失業保険制度が開始されました。
さらに労働者の失業に対する給付だけでなく、雇用に関する総合的機能として昭和49年に「雇用保険法」として新たに交付されました。

以前は失業保険という呼び方でしたが、昭和49年以降、雇用保険と名称が変更になりました。

しかし、いまだに失業保険という言い方をします。若い人からお年寄りまでです。
それはきっと、テレビの影響が大きいのでしょう。
テレビではわかりやすく伝えるために、いまだに失業保険の言葉を使って説明等しています。

覚えて頂きたいのは、雇用保険という言葉に失業保険としての意味合いも含んでいるということです。
どちらを使っても意味は通じます。

そして正しい呼び方は雇用保険となります。

雇用保険は、前身である失業保険法に基づく失業保険制度が昭和22年から開始されました。

現在では、失業保険法から雇用保険法に名称が改められ、労働者の失業に対する給付だけではなく、雇用に関する総合的機能を有する「雇用保険制度」が実施されています。

失業給付だけでなく、就職促進給付、職業訓練、教育訓練給付なども雇用保険制度のひとつです。

スポンサーリンク
knoki_under
knoki_under

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする