不正受給とは?

不正受給とはどういうことでしょうか?
言葉の通り、不正に雇用保険を受給しているということです。

本来は、失業給付の支給を受けることができないにもかかわらず、不正な手口により失業等給付を受けようとすることです。実際に失業給付を受けたか否かは問いません。

ここでは、不正受給のの内容、不正受給が見つかった場合はどうなってしまうのかを説明します。

スポンサーリンク
knoki_under

不正受給の内容

  1. 就職や就労(パート、アルバイト、日雇い、試用期間及び研修期間も含む)した場合に、そのことを失業認定申告書で申告しなかったり、または採用になった日付、あるいは働いた日付を偽って申告する。
  2. 内職や手伝いをしたのに、その事実や収入を隠したり、偽った申告をする。
  3. 自営の準備や自営業を始めた場合、その事実を隠したり、偽った申告をする。
  4. 求職活動を偽って申告する
  5. 労災保険の休業補償給付や健康保険の傷病手当金などの支給を受けていることを届け出ない。
  6. 就職していないのに就職したと偽ったり、就職した日を偽って再就職手当等の支給を申請する。
  7. 受給資格者証を他人に貸したり、譲ったりすること等により失業の認定を他人に受けさせる。
  8. 偽りの記載をした離職票を提出する。
  9. 偽造した離職票を提出する。
  10. 医師の証明書や採用証明書等の各種証明書または再就職手当支給申請書などの証明書を偽造または改ざんして提出する。
  11. 離職した事業所に再雇用される予定があるにもかかわらず、失業給付の受給をする。

不正受給の動機はいろいろあると思います。

⇒見つからなければ・・・
⇒一日くらいだから・・・
⇒まだ試用期間中だから・・・研修期間中だから・・・
⇒働いてもお金をもらってないから・・・

また、申告するべきかどうかわからなかった場合や、知らなかったと言う場合もあるかと思いますが、その場合でも正しい申告をしなかった場合はには不正受給として処分されます。

不正を行なった場合

  1. 不正行為があった場合、(例えば、アルバイトをしたにもかかわらず、申告しなかった場合等)その日のから失業給付を受ける権利がなくなり、一切の支給はされません。(支給停止)
  2. また、不正な行為により支給を受けた場合は、全額返還しなければなりません。(返還命令)
  3. さらに、偽りのその他不正な行為により支給を受けた金額の2倍以下の金額の納付が命じられます。(納付命令)
    この場合には、2とあわせて不正に受給した金額の3倍以下の金額を納めなければなりません。
  4. さらに延滞金が課せられます。なお、それらの支払いを怠った場合は、財産の差し押さえが行われる場合があります。
  5. また、詐欺罪などにより処罰される場合があります。

確かに、1日日払いの仕事をしたからと言ってばれることは少ないかと思います。ですが、その日については失業給付は出ませんが、その分1日延長されるので、結果は変わらないと言えます。知人の密告で不正がばれることも多いそうです。チクルというやつですね。

スポンサーリンク
knoki_under
knoki_under

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする