雇用保険は65歳以上は加入できないのか

雇用保険は原則的に65歳以上の方は加入できません。
しかし、65歳を過ぎても継続して会社に雇用されていれば、引き続き雇用保険の加入者となれます。

さらに言うと、継続勤務している方は高年齢者雇用促進のため(4月1日時点で満64歳の方)雇用保険が免除になります。もちろん、事業主負担もありません。引き続き働けるし、雇用保険料も払う必要がないわけです。
(たとえば、定年を迎えた高年齢者が継続雇用される先として、子会社、関連会社を含むグループ企業まで継続雇用とみなされます。)

しかし残念なことに、65歳以上の方が継続ではなく、新規で雇用された場合は雇用保険に新規加入することはできません。ということは、もし65歳以上で離職した際は、(必要な要件を満たしていたとしても<たとえば1年以上常勤勤務等>)高年齢求職者給付金(一時金)は受けとれません。

スポンサーリンク
knoki_under

第二のセーフティネットなのに

通常の失業給付と違い、高年齢求職者給付金高年齢求職者給付金は一時金ではあるのですが、雇用保険の意味は第二のセーフティネットでもあります。

65歳以上の方は年金の受給が可能ということで雇用保険の加入が必要と判断されていないかもしれません。ですが、そもそもの年金受給額が少なかったり、加入要件を満たせずに年金自体を受け取れない人もいるはずです。
働いていても、いざ失業した場合の保障である”雇用保険”に入れないのが今の現状です。

年金支給開始年齢の引き上げもまたあるかもしれません。そういう意味でも政府にとっても高齢者に長く働いてもらう必要性が高まっています。今後は70歳、75歳と雇用保険加入要件が緩和されることになるのではないでしょうか.

スポンサーリンク
knoki_under
knoki_under

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする