ダブルワークしている場合の雇用保険

ダブルワークしている場合、それぞれ雇用保険に加入できるか?

結論から言えば、雇用保険は一人1つの加入ですので、2つ同時に加入することはできません。どちらか1つに加入することになります。

まず、雇用保険の適用要件として、以下の2つを満たす必要があります。

◆雇用保険の適用要件

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  2. 同一の事業所に継続して31日以上の雇用が見込めること

※31日以上の雇用見込みとは、31日以上雇用が継続しないことが明確である場合を除き、この要件に該当します。
※1週間の所定労働時間というのは雇用契約書で確認してください。

上記要件を満たせば事業所は雇用保険に加入する必要があります。
(加入義務があります)
ですが、2箇所での加入という概念はありません。どちらか1箇所での加入となります。メインの事業所で加入した場合は、メイン以外の事業所で新たに雇用保険に加入することはできません。個人によっては、被保険者番号(雇用保険の加入番号)を2つ持っている方もいますが、同時期に2つの加入はできません。

そもそも2箇所から雇用保険の適用要件を満たすことは少ないでしょう。それぞれ週20時間以上働く必要があるため、2箇所の場合、少なくとも週40時間となります。40時間と言えば、それだけでフルタイム勤務です。

もしどちらか選択する必要が有る場合は、もちろん収入が多く見込める勤務先をメインにしましょう。雇用保険は失業した場合の生活費です。収入に比例して基本日額も上がります。

スポンサーリンク
knoki_under

2つの会社の勤務時間を合算して雇用保険に加入できるのか?

答えは「できません。」
ダブルワークしていれば、2つの勤務先の労働時間を足すことによって週20時間を超えることはあるかと思います。ですが、残念ながら2つの勤務先を合算することはできません。

スポンサーリンク
knoki_under
knoki_under

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする