申込から受給までの流れ

失業保険はいつ振り込まれるのか、認定日の確認方法

更新日:

ここでは認定日の決まり方や、手続きしてからいつ振り込まれるかなどをを説明していきます

退職してから失業保険(雇用保険)を受け取るには、ハローワークで離職票や写真などを持参して手続きを行なう必要があります。
その「手続する日」ですが、この日は意外に重要です

何故かというと、雇用保険の「手続した日」に連動して、この先の認定日が決まるからです。

スポンサーリンク

 

認定日の型を知る

認定日の型というのは、週型と曜日の組み合わせです。

(週型)と(曜日)の組み合わせで、合計20個あります。

週型・・・1から4
曜日・・・月から金

1-月、1-火、1-水、1-木、1-金
2-月、2-火、2-水、2-木、2-金
3-月、3-火、3-水、3-木、3-金
4-月、4-火、4-水、4-木、4-金

それぞれ手続き日によって、ずれかの型に該当します。
曜日については、基本的に手続きした日の曜日になります。

ハローワークにて既に手続きされている方

既に手続きをしている方は「受給資格者のしおり」というものをお持ちではないでしょうか。
裏面にカレンダーが書かれていると思います。

自分が手続きした曜日とそれに該当する横の列を見れば週型がわかります。
既に雇用保険受給資格者証をお持ちであれば、17項の認定日の欄に型が明記されています。

これから手続きされる方

まだ手続きされていない方は、当然型がわからないと思います。
曜日については、基本的に手続きした日の曜日になります。

※もちろん、ハローワークによっては例外もあります。

(今後の)認定日の確認について

退職理由等によって、3ヶ月の給付制限がある場合とない場合があります。
それぞれのケースで説明していきます。

例として2017年10月18日にハローワークで手続きを行なったと仮定します。
この場合は、1-水(週型と曜日)に該当します。
今後の認定日はどうなるのでしょうか。図で説明していきます。

給付制限がない場合

給付制限がない場合の流れですが、以下のようになります。

※10月18日に手続きした場合の例
10/18 手続き
10/18~10/24までは7日間の待機期間
10/25より失業給付の支給が始まる
11/15が第1回目の認定日




11月15日に初回認定日を受け、問題なければ支給決定となります。
支給日数については、10/25から11/14までの分が支給対象となります。
認定日は含まれません。

10/25から11/14までは21日間ありますので、21日分が第1回目の支給となります。
認定日からおおよそ1週間以内に振り込まれます。

第2回目の認定日は12月13日にありますので、またその前日までの28日分が希望した銀行口座へ振り込まれることになります。
後はそれの繰り返しです。

手続きから振り込まれるまで

※10月18日に手続きした場合の例

手続日:10月18日
認定日:11月15日
振込日:11月20日(おおよそ)

手続きから支給まで、およそ1ヶ月程かかります。

3ヶ月の給付制限がある場合

給付制限がある場合の流れですが、以下のようになります。

10/18 手続き
10/18~10/24までは7日間の待機期間
10/25より3ヶ月間の給付制限が始まる
11/15が第1回目の認定日
 2/7が第2回目の認定日



第1回めの初回認定日には支給はありません。失業状態の確認のみです。

そして次の認定日が約3ヶ月後になります。
図の場合は、2月7日です。

この日に失業認定を受け、問題なければ支給決定となります。
支給日数については、以下のようになります。

10月25日から給付制限が3ヶ月なので、その3ヶ月が終わるのが1月24日。
1月24日から認定日の前日までの2月6日までの13日分が支給対象です。

認定日のおおよそ1週間以内に希望した銀行口座へ振り込まれます。

次回からは毎月1-水(週型と曜日)に認定日があります。

手続きから受け取るまで

※10月18日に手続きした場合の例

手続日:10月18日
認定日: 2月7日(第2回認定日)
振込日: 2月13日(おおよそ)

手続きから支給まで、およそ4ヶ月程かかります。

まとめ

手続きした日に週型と曜日によって型が決まります。
その後はその型通り毎月の認定日が設定されます。

※ハローワークによっては金曜日の認定日設定がなかったり、祝日などの関係で前後にずれたりする場合もあります。

認定日というのは、よほどのことがない限り変更できません。
もし旅行の予定だとか、帰省だとか考えている場合には、あらかじめ確認しておきましょう。
特にお盆の時期や正月の時期です。図の場合、1月4日や1月5日も認定日があります。

手続きから実際に失業給付が振り込まれるまでは、給付制限なしの場合は約1ヶ月、給付制限がある場合は約4ヶ月かかるということがわかります。
すぐにもらえるわけではないので、その辺は注意しましょう。

スポンサーリンク

 

-申込から受給までの流れ

Copyright© 知らないと損する雇用保険(失業保険) , 2017 All Rights Reserved.