離職票が送られてこない

離職票とは、雇用保険の失業給付をもらうときに必要な書類です。離職票-1と離職票-2があります。通常は退職後10日前後に退職した会社から送ってきます。

10日前後かかるというのは、会社がハローワークに退職した人の雇用保険資格喪失の手続きをする必要があるからです。その期限が、原則退職の翌日から10日以内と決められています。

その手続きの後で、離職票-1と離職票-2が発行され、会社側から退職した本人に送られることがあります。

スポンサーリンク
knoki_under

離職票発行の流れ

  1. 担当者(総務等)が離職票(複写になっています)を作成し、ハローワークへ提出。
  2. ハローワーク職員がチェックし、本人に渡すものと、会社控えを渡す。
  3. 担当者が退職者へ郵送

10日以内とありますので、余裕をもって2週間は待ちましょう。
雇用保険の喪失手続きは給与計算の手続きもあるため、締日等の関係もあり遅れる場合も十分にあるし、その処理の自体も優先度下げて対応する会社あります。

4月等年度末で離職する人が多く、ハローワーク自体が込んでいるため、処理が終わらず預かりになる場合もあります。

2週間を過ぎても離職票が送られてこないときは、会社側に早く送付するよう催促しましょう。
それでもまだ送ってくれそうもない場合は、ハローワークにその旨を説明し、ハローワークより催促してもらうことも可能です。

仮手続き

そして離職票が揃わなくても、仮手続きの処理をすることも可能です。

離職票が届くのを待っていては、いつまでたっても失業給付の申請はできません。失業給付の払込もその分遅れてしまいます。

その場合は仮手続きをすることをお勧めします。

まだ離職票が届いてなくても仮手続きが申請した日となります。

離職票は後で渡せば良いわけです。もちろん正式に離職票が提出されなければ離職理由が確定できませんし、受給の金額も決まりません。

ですが、「手続きをした日」が重要になるため、退職証明書と身分証明書をもってお住まいの管轄のハローワークで仮手続きを行いましょう。

スポンサーリンク
knoki_under
knoki_under

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする